×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


グル・コラ(グルメに関するコラム集)

ラーメン二郎(とんこつ醤油ラーメン・ラーメン店紹介) 2010/03/06
 噂の「ラーメン二郎」は2回目の挑戦です。初めては10年前に南町田で食べました。今は、その店はありません。
 今回の支店は相模大野店。銀座通り商店街の路地裏に位置します。午後1時半。雨にもかかわらず、20名ほどの行列が出来ていました。店内にも5名ほどが席待ちしています。貼り紙には「当店は少々ややこしい・・・」。
 午後2時。やっと店内まで入れました。食券で650円のラーメン(麺300g)を購入。小ラーメン(210g)と同額です。席に着くと、とにかく緊張します。
 店内は、満席にもかかわらず、とにかく静か。シーンとした空気が漂います。
 いよいよ一度に5〜6杯のデフォラーメンが完成し、店主によるトッピングの尋問が始まります。体育会系のオヤジが端から好みを聞いていくのです。声が小さいと、耳に手を当てて大声を促されます。みんな緊張しています。フェイントをかけられて、オイラの時からカウンターの反対側から聞かれました。「そのまま!」と一言で、すんなり通りました。安心した瞬間です。
 650円にしてはボリュームがかなりあって嬉しいです。醤油スープは僅かお玉一杯ほど。麺が多いので、それが丁度いいです。山盛りの茹で野菜の下に、肉(チャーシュー)の塊が2ケも出てきました。
 とにかく量とシステムの複雑さが人気なのでしょう。近辺のラーメン屋は閑古鳥鳴いていました。独占状態です。ラーメン的にも、麺はいけるし、濃い醤油のスープも美味かったです。ただ、やはり小ラーメンの方が最後まで美味しく頂けるでしょう。





トップへ
戻る
前へ
次へ