×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


グル・コラ(グルメに関するコラム集)

味くらべ(海鮮料理店紹介) 2007/01/20
 冷蔵保存の技術が目覚ましく発展した昨今、活きのいい魚を食わす料理店は星の数ほど多いです。しかし、口が肥えてしまうと、朝獲れの死んでしまった魚介類を捌いても新鮮味に欠けてしまいます。オイラが学生の頃から贔屓にさせてもらっていた真鶴の料理屋でさえ、最近では物足りなくなっていました。
 さて、今回発掘した料理店は活け作りが基本です。一番のお勧めはイカ(スルメ烏賊)の活け作り。こんなの初めて食べました。北海道の有名寿司店に行っても、食べたことはありません。
 バイトの女の子が、店外の生け簀から網で掬っていたので正真正銘生きています。特に、げそ(イカの足)は活きがいいです。肝醤油に浸けると暴れ出します。しかも、吸盤が小皿に張り付いて往生際が極めて悪いです。
 げそは、好みに合わせて焼いたり天ぷらにして貰えますが、やっぱり生で喰うのが魚好きの証明でしょう。熱を通せば、死んでいても同じですから。
 日によって、各魚の相場は異なります。この日は、イカ一杯1580円、鰺一尾600円、カワハギ一尾2000円でした。みそ汁とご飯のセットが僅か280円なので、無駄に変なモノをオーダーしなければ安く済みます。
 地理的にはかなり遠いですが、真鶴あたりでボッタクラれるより遥かにマシです。何で、今まで真鶴でカネを落としていたのだろう。
 追伸です。あまりに美味過ぎて、酒の肴にはもったいないです。ご飯のおかずとして食べることをお勧めします。酒の肴だったら、何も近所の「庄家」で充分ですから。





トップへ
戻る
前へ
次へ