×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


グル・コラ(グルメに関するコラム集)

和歌山ラーメンのススメ 2004/10/17
 私の意見と致しまして、和歌山に住む方々が羨ましい限りです。あんなに美味しいラーメンが500円くらいで食べられるのですから。関東在住の人間を代表してヒトコト申し上げます。「一杯650円ではボッタクリです」。しかもカルテルみたいに「マッチ棒」と「紀一」が同一で、「のりや」は630円です。
 和歌山系のラーメン店で、「ラーメン」というメニューは存在しません。「中華そば」が正式名称です。昭和初期、市電車庫前に連なった屋台がそのルーツですが、各々の店で改良を重ねた結果、醤油の澄んだスープと、トンコツがこってりと濁ったタイプの2大系統が誕生しました。
 前者は「車庫前系」、後者は「井出系」と呼ばれています。私が推薦している方は勿論「井出系」です。ご注意下さい。
 さて、更に「井出系」のルーツですが、1978年に「井出商店」において、忙しすぎて火をかけたままにしておいたスープが煮詰まってしまったことが発端とされています。以降、ドロッとした超濃厚なスープと濃い口の醤油ダレが見事にマッチして全国に広まったわけです。
 麺は細麺、かまぼこのトッピングが特徴です。そして、スープはかなりしょっぱいです。コレステロールや塩分摂取を気にされている方は、自殺行為になりかねません。
 とにかく関東では、和歌山ラーメン店が希少です。仕方なく、「行列のできるラーメン・和歌山」やカップ麺で当面の欲望を抑えている管理人です。
 




トップへ
戻る
前へ
次へ