×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


グル・コラ(グルメに関するコラム集)

大石家(熊本ラーメン・ラーメン店紹介)   「メインテーマ 2004/06/26」より
 知る人ぞ知る、ビルに描かれた看板です。JR横浜線を八王子方面に向かって左側、淵野辺〜矢部間の線路際に見える看板です。
 昨日の「ひとRiごと」の日記に、
 「最近旨いラーメンを喰ってないなあ」
と、いうコメントを書いた手前、早速旨いラーメンを喰いに今日訪れたわけです。
 ラーメン店の名は「大石家」。この似顔絵の主は店主です。結構気まぐれで店を開けていることが多くて、これまでに5回ほどトライしましたが、実際にラーメンを食べたのは今日で2回目でした。そんな経験を持つ輩も多いのか、店頭のパトライトが点灯している時が営業中だそうです。
 さて、この店は変わっています。店主も変わっていますが(アハハ)。まず特徴その1は、店内の狭さ。カウンターに椅子が5脚あったかな。特徴2はメニュー。熊本ラーメンの普通(600円)と大盛り(700円)しかありません。普通でも、写真の通りの豪華さ。一見すると「全部入り」です。特に、卵は半切りが2個と、刻みキクラゲはてんこ盛りです。麺とマー油入りのスープは列記とした熊本ラーメンです。余談ですが、ウチの近所には熊本系のラーメンを食べる店が少ないので困っています。「桂花」は新宿か渋谷・横浜まで行かないと無いし。「こむらさき」は新横浜、「なんつっ亭」は小田急の渋沢。
 味の方ですが、ちょっぴりぬるいのが難点ですが、完璧な熊本の味です。豚骨でアッサリとしているから、スープの最後の一滴まで全く飽きが来ません。これぞ熊本系の所以です。
 特徴その3になりますが、とろけるチーズがトッピングされています。私にとってはマッチしていると思うのですが、世間ではこの件での評価が賛否両論のようです。
 まあ、ラーメンのお好みは人それぞれ。私の嗜好では、「熊本系」と「和歌山・井出系」が一押しなので、今回紹介しました。チョット入るのに勇気の要る店かもしれませんが、いろいろと面白いラーメン店です。今日も店主との雑談で盛り上がってしまいました。

 




トップへ
戻る
前へ
次へ