×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


グル・コラ(グルメに関するコラム集)

開いててよかった!ここにあり・吉野屋    「ルポ・KAIGAI 2003/04/25」より
 ストップ・オーバー(注1)で台湾の台北市に一泊したことがある。渡辺満里奈(注2)には申し訳ないが、台湾料理はマズイのひとこと。何処で何食べてもやたら辛くて、麺類ならいけるかと思ってトライするも、変な歯ごたえの麺のうえに、変な香料の香りがプンプン。「辛さを控えて」と注文したにもかかわらず、出されたモノは激辛。
 そんな私の目の前に飛び込んだ馴染みある赤い看板。「吉野屋」だった。少し雰囲気が日本のものと違うのは、店内に独特のコの字型のカウンターがないこと。テーブル席のみで、オーダー専用のカウンターが正面にある。ここではセルフ・サービスなのだ。マックと全く同じレイアウトと考えてもらえば話も早い。客はひとりもなく学生風の男子アルバイトの店員がカウンターに立っている。彼が英語でバンバン会話してくる。
 余談だが、台北では若い世代の英語学習が盛んなことをこの旅で感じた。米軍が駐留している理由もあるだろうが、国をあげて国際社会について行こうとする精神が伝わる。このままだと我が日本はアジアの中でも落ちこぼれる。
 セット・メニューがお得?と言われて注文し、出てきたモノはお盆にのった牛丼とウーロン茶それにサラダの小皿。ここでも「辛くするか?」と聞かれたが、かたくなに拒否した。味はとにかくしょっぱい。客が少なくて、タレが煮詰まっているのである。
 見た目も、お味も「吉牛」とは違っていたが、マズイ台湾料理よりはまだマシだった。海外を旅すると時にこんな救世主的な食事処が恋しくなることがある。
 注1) 飛行機の経由地(乗り換え地)で24時間以上その都市に滞在すること。当然空港の外に出られるが、航空会社によっては無料や追加料金アリなど様々。 注2) 元「オニャン子クラブ」の一員。現在は台湾グルメの本を執筆するくらいのその手の通。




トップへ
戻る
前へ
次へ